賃貸住宅経営されている多くの方が行っている青色申告

不動産 青色申告

不動産 青色申告について

賃貸住宅経営されている多くの方が行っている青色申告

アパートやマンションなどの賃貸住宅経営をされている方は、所得税の確定申告を毎年行う必要があります。不動産所得は税金面で様々な特典が受けられる、青色申告をされる方が多いです。青色申告特別控除を受けることができたり、事業主の家族が従業員で働いている場合は家族の給与を必要経費とすることが可能です。さらに赤字になってしまった場合は翌年以降3年間繰り越しをして、黒字になった年の課税所得から赤字の分を差し引くことができます。その他にもたくさんのメリットがある確定申告方法ですが、青色申告承認申請書を申告する年の3月15日までに税務署へ提出する必要があります。毎日の取引内容をきちんと帳簿につけて、その帳簿や証拠書類を保存しておく義務も課せられます。帳簿付けはパソコンのソフトを使用することで、簡単に作成することが可能です。白色申告よりも手間や時間がかかってしまい書類を保存するスペースを確保する必要もありますが、節税効果が高いので多くの方が行なわれています。