青色申告のメリットと必要条件

不動産 青色申告

不動産 青色申告について

青色申告のメリットと必要条件

賃貸住宅経営を行うと、賃貸料などの不動産所得に税金がかかります。そのため所得税の確定申告を行う必要があります。青色申告で申告すると、様々なメリットがあります。青色申告とは、毎日の取引を帳簿へ記録し、その帳簿に基づいて所得を計算し申告する制度です。税金面で様々な特典を受けることができます。その特典を受けるためには、帳簿の記録や記帳の義務、書類の保存義務があります。特別帳簿と決算関係書類、現金預金等関係書類は7年間、その他の書類は5年間保存する必要があります。申告のメリットは、特別控除があり、課税所得から65万円を差し引くことができます。他に、赤字になった場合3年間繰り越しができ、黒字になった年の所得から赤字分を差し引くことができます。家族を従業員とした場合の専従者給与控除があり、給与を必要経費として差し引くことができます。青色申告を申し込む場合、申告しようとする年の3月15日までに申請書を提出します。不動産所得の申告に関しては、アパート等で貸与することができる室数がおおむね10室以上、家屋の場合はおおむね5棟以上であることが定められています。賃貸経営をしている人には、たくさんのメリットがある制度です。